こんにちは!

今回はダイビングのプレー方向に特化してトレーニングを行いました。

まずはウォーミングアップからです。

シューターに対して、適切なタイミングでプレジャンプが出来ていると、この写真のようにキャッチの瞬間に地面から足が離れます。足を引きずるようなステッピングになると、プレジャンプの反動が上手く使えていない可能性があります。

グラウンダーボールのアンダーハンドキャッチは膝が曲がって、手と手が近いとキャッチミスが減りますね。手が離れていると、晴れている時はキャッチ出来ても、雨だと絶対に手の間からボールが抜けています。いつでも出来るように習慣づけていこう!

次はローリングダウンです。

 

コーンを置いて、コーンの前で取ることでプレー方向の意識づけです。

選手同士でやる時はコーンは危険なので、やめましょう。マーカーなど危なくない目印を使いましょう。

ゴールキーパーの動きを見た時に、しっかりとボールに踏み込めている時は意外と少ないです。

では、なぜ踏み込みが必要かというと、重心移動の感覚と、プレーの幅を出すためだと思っています。

瞬間的な反応だと踏み込みが無い方が早いです。

踏み込みがあった方が重心は動きやすいです。重心が動く感覚が掴みやすいです。重心が動かないとダイビングが出来ないので、こうやって感覚を掴んでいってほしいですね。

プレー幅に関しては、単純にボールに寄れるからですね。その場でダイビングするより、一歩踏み込んだ方がボールの近くに寄ってプレーすることが出来ます。

すぐ反応しようとして、ノーステップダイビングに近い形になってしまうと、チャレンジしたけど届かないという状況になります。

ライナーの場合も同じです。

大切なことはゴールキーパーがタイミング良くプレー出来ているか?です。

踏み込もう!プレー方向を意識しよう!と考えてもタイミングが合わなければプレー出来ません。だから、もっと繊細にシビアにプレー前の準備をしていこう。

グラウンダー、ライナー共にボールに寄るという感覚は獲得出来たと思います!チームでも継続していって下さいね!

最後はシュートで今日やったことの確認です!

踏み込んで

プレー。

ゴールキーパーにとって、弾道の低いシュートは目線が遠いので、難しいです。この写真くらい踏み込んで上体が下がれば、ボールも見やすくなりますね。

たった1時間でも出来るようになります。後は、チームでどれだけ取り組めるか?ですね。

だから、チームでゴールキーパートレーニングの時間がないと聞くと悲しい気持ちになります。小学生の時期なんて、1週間で何があった!?と思うくらい上手くなります。

1日1時間、30分でいいから、GKトレーニングの時間があればいいなと思いますね。

トレーニングメニューが分からない、トレーニングしても上手くならないなら、是非来てください!

以上です、お疲れ様でした!

テクニカルクラス(基本クラス)の内容はこちらからご確認下さい。

ゴールキーパーで悩んでいるなら、東京ゴールキーパースクールで学ぼう!1ヶ月で大きな成長を実感できます。

上手くなりたいと思っている選手を待っています!

体験は下記フォームからお願いします!