こんにちは!

足立校では、2月・3月入会キャンペーンを実施中!2月入会選手、3月体験選手も決まってきました!

「中学生が通えるキーパースクールがなかった」という声はよく聞きます。

チームでGKトレーニング環境がなければ、ここでトレーニング出来ます!

 

2月20日の足立校レポートです。

2月、3月は基本スキルを鍛え、それをベースに四月以降ポジションなどの戦術に移っていきます。

今回はたつきコーチが初参加!一緒に入ってもらいました!

選手2名GKコーチ2名という環境でした。

まずは、オーバーハンドキャッチからです。

デモンストレーションという言葉があります。コーチがプレーして見せることです。

ポジションを見せるならボール側、プレーの方向なら横側から、と見えやすいところから見せます。

オーバーハンドキャッチも後ろに立ってもらって見せていたのですが、海外の映像を見て、これだ!というのを発見しました。

前側に立たせて後ろからコーチがキャッチ。これが一番見やすいんじゃないかと思います、まさに選手目線ですね。

前傾姿勢についても、前や後ろからより横からの方が見やすいですね。

「なんであの場所から見せたの?」とスタッフとは話しますが、良いイメージが持てるようにデモンストレーションの見せ方にもこだわります!

次はステップしながらオーバーハンドキャッチです。

ここで、姿勢の話になってきますね。横と決めて姿勢が悪くてもいいのではなく、どこに来るかわからないという前提で構える。結果、横にきてステップをした、という状況でなければ練習の練習になってしまいます。

フォーリングも確認です。

昨今、スキルの進化で強いシュートが打たれることが多いです。足下に強いシュートが打たれたらフォーリングの出番です!

踏み込みながら、手でブロックを作る。

この、ブロックを作るという意識が非常に重要です。雨が降っている状況なら一発アウトです。

だからこそ、トレーニングから徹底的に!

 

グラウンダーのキャッチは、下の手が身体に挟まらないように前でプレー!

下の手が自由なら、写真2枚目のように手が伸びて、触れる範囲が広がります。身体に近いところでボールを触ろうとすると、挟まりやすくなります。

倒れ方を自分で確認して、ライナーボールの状況です。GKは横に倒れる状況が多いので、トレーニングをする時は、プロテクターが必須です。

ゴムチップが入っている人工芝でプレーしていてもつけてほしいと思いますし、クレーグラウンドなら尚更です。

ダイビング、ローリングダウンの時は逆足でしっかり地面が押せているか?ここが大事です。力がないと、お尻(重心)が動かず、下に落ちてしまいます。そうなれば、ペタンと倒れてしまうようなプレーになってしまいます!

最後はシュートで確認です。

シュートの前のローリングダウンで踏み込みや倒れ方をやれば、どんどん積極的にプレー出来ます。だからいきなり高難度のことはせず、地道にちょっとずつでいいんです。

 

以上です、お疲れ様でした!

上手くなりたいけど、チームでトレーニング環境がない。GKコーチに習っていない。そんな状況なら、東京ゴールキーパースクールでトレーニングしよう!

専門性の高いポジションだからこそ、専門的な指導を受けないと上手くなれません。

GKトレーニングを受ければ1ヶ月で確かな変化が生まれます!

まずは体験で雰囲気を感じてください!

入会・体験は下記フォームよりご連絡ください。