こんにちは!

9月25日足立校のGKトレーニングレポートです。

足立校は、あと5名程度で定員になる予定です。ここでしか受けられないトレーニングがあります。キーパーで困っている方はお早めにどうぞ。

今回は、Twitterで反響があったこちらのトレーニングです!

今回のテーマはエックスブロックの適切なフォームの獲得、そして恐怖心の克服です!なので基本的にゴムボールを使ってトレーニングをやっていきます。

投げられたボールを見続けて、逃げない。

顔に当たっても逃げない。ボールは友達です!

距離感が近い時はどうしても顔が逃げてしまいます。そこでボールが見えれば、身体に当たる可能性が高くなります。

次はスタンディングブロックの形で行います。

  

適切なフォームの獲得が目的なので、ダメなフォームでやっても意味がありません。それで覚えてしまうと、修正にものすごく時間がかかってしまします。だから、即座に言います。

選手も全ての動きで良いフォームを心がけよう!事前に動画を見てイメージトレーニングも効果的ですね!

そのあとは、実際にエックスブロックの形を作って、投げられたボール、蹴られたボールへと段階をあげていきます。

見づらいのですが、お尻の下に足が入らないようにしましょう。全体重がかかって足首が骨折してしまう可能性があります。両足同時に開くことがポイントです!

動きを入れながらチャレンジです!実際の試合と同じように、ゴールキーパーが前に詰める動きが加わります。

  

もちろん、GKコーチもデモンストレーションします。こうした方が良いよ?と言うよりも、見た方が早いです。見せれた方が説得力ありますよね?

最後は、コンパクトゲームで出来るか確認です。

まずはフォームです。ですが、こうなってくると、ゴールキーパーはどこに立つか?というスターティングポジションも求められます。

最後のトレーニングでは、ゴールキーパーの技術(今回でいうとフォーム)だけ出来ても止められません。逆に戦術(今回でいうとスターティングポジション)だけ出来ても、適切なフォームでなければストップ率は上がりません。

だからどちらも必要です。

トレーニングの導入で恐怖心を持ってしまうと、苦手なプレーというイメージを持ってしまいます。

そういうことがないように、ちょっとずつ、段階、負荷を上げてトレーニング行なっていきました。

だから、選手にただ「逃げるな!」という指導者は、振り抜かれたシュートを間近で受けたことがないんです。

プロだって顔を逸らしてしまうんですから。

そういった人は、僕が間近でフルパワーで振り抜いたシュート打ってあげます。ぜひ選手と一緒に来てください。逃げないってのはこういうことだと見せてあげてください。

「分かるよ。怖いよな。逃げないためには・・・」を話してくれる、トレーニングを組んでくれる人が指導者です。

今回は以上です!

怖いなって思ってしまう状況で、笑顔でトレーニングしてくれたのが一番の収穫でした!

体験希望の方は下記フォームよりご連絡ください!