こんにちは!

6月15日品川校通常クラス(19時〜21時)のレポートです。

テクニカルクラス(18時〜19時)と通常クラスはテクニカルクラスと違って、戦術的な要素が多いクラスです。

プレーに対する判断や、状況によって変わるポジションの取り方等をトレーニングします。

GKのプレーとは、ボールに触れていない準備や予測の時間がプレーを左右します。

良い準備から良いプレーが鉄則なので、そこをいかに高められるか?どちらかと言えば、ゴールキーパーとしての「頭の中」をトレーニングするクラスです。

それではレポートです!

 

まず小学生グループです。小学生4年生〜6年生です。

ステップを入れながら、オーバーハンドキャッチ、アンダーハンドキャッチです。

ステップが入る事で、姿勢がブレる状況が生まれます。相手が投げる前には、どこにでも動けるように姿勢をリセットしてプレーしよう!

次は実際にボールを動かしながらシュートを受けます。

 

 

 

 

 

大事なのは、グラウンダーのボールに対して、「踏み込み」があること。こうすれば、膝が曲がってボールの高さに合わせやすくなります。

まずは基本スキルの習得です!それがGKの全てのプレーの下支えとなります。

大事だから、早く、長く取り組む。

次は中学生グループです。小学6年生〜中学3年生です。

 

正確にポジションを取ることをやりながら、アップから角度を変えたり、移動が入ったり、より実践的になります。

写真のように、ポジションは言うより、見せた方が早いんです。イメージを持ちやすいですよね!

それでは、実際に蹴っていきましょう!

コーチが蹴ることで質の高いシュートが配球出来ますし、選手同士で蹴らせることで、より試合に近いし、キックの練習にもなります。

東京ゴールキーパースクールでは、トレーニングテーマによって配給を変えます。

 

ポジションが良いから止められる

 

シュートストップの状況に限らず、試合中はどんな状況でも瞬間瞬間でポジションが変わります。

だから、どこに立つのか?なぜそこに立つのか?自分の中で明確にしていこう!

今回は以上です、お疲れ様でした!

 

入会・体験は下記よりご連絡下さい。だれだって始めは下手なんです。やったもん勝ち!やれば伸びます!